リバーレスキュー講習
 講習は様々なスキルレベルの受講者に対応出来る様なプログラム内容です。当社講習の参加者は消防、警察機動隊、ライフセーバー、カヤック及びラフティングインストラクター、自然体験活動リーダーが個人やグループで参加頂いています。団体の依頼では消防学校水難救助課程や特別教員または、医療系大学や医療専門学校、自然環境を学ぶ大学の河川実習など様々です。様々な河川環境下で、川の水理現象や危険性を学び、限られた装備を有効的に活用したレスキュー技術を学びます。

 人には限界があります。何事も自分の限界を超えることを行うと怪我や事故に繋がります。救助に行く前には自身と仲間(組織)の限界値を知る必要があります。限界があるからと言って救助を求めている方を放置することも出来ません。知識や技術を高めることで限界値は上がります。資機材を使いこなすことが出来ればさらに限界値は高まります。チームの多くの方が知識と技術を高め、チームの標準化が出来ればさらに限界値は高まります。

 近年では川遊びだけでなく、台風や予測しずらいゲリラ豪雨でも水災害が多く発生しています。活動区域は穏やかな河川しか無くても氾濫が起これば住宅地も急流に変わります。川の救助について専門的に伝えれる者も少なく、出来る限り少しでも多くの方へ川について知識を深めて頂く為にも講習参加のご検討を是非お願いします。  

リバーレスキュー講習

6商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
6商品 1-6表示
  • <
  • 1
  • >
6商品 1-6表示
  • < Prev
  • Next >