ロープレスキュー講習 

 ロープレスキューの事故原因は張力によるシステムの崩壊、高所からの落下が上げられる。
 予想以上の力が加わりロープの断裂や支点崩壊それによる落下、ほんの僅かな弛みの落下も大きな事故に繋がることがある。その他の事故の原因としてコミュニケーションミスや人為的過失もあげられるが、これについてはロープレスキューの分野に限ったことではありません。

 ロープに力が加わった際には、それぞれ連結された支点、カラビナ、滑車、結び目のどこに負荷が掛かるのか個々に理解する必要があります。分力や合力を学ぶこともこの為です。

 伸び率の低いロープにはどの様なメリットがあり危険性があるのか。

 全ての技術や装備資機材にはメリットとデメリットがあります。ロープ等の資器材の特徴を理解します。どの様な状況では活かすことが出来るのか、どの様な事に注意する必要があるのか。技術もインターネットが普及し動画や画像でシステムを真似て作成することは簡単です。それをどこまで理解して活動しているか、知らないままでは事故につながります。高所での作業は一瞬の油断が命取りです。

 当社の講習に参加された受講者からは頭(脳)が疲れると良くそんな声を聴きます。中学校の授業で学ぶ数学や物理の授業まで遡ります。理論を学ぶと活動の範囲が間違いなく広がります。複雑なロープシステムも基本的な技術の発展したものが応用技術です。インターネットでシステムの形を覚えるより理論を学ぶことが一番の早道だと考えます。

  

 

ロープレスキュー講習

10商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
10商品 1-10表示
  • <
  • 1
  • >
10商品 1-10表示
  • < Prev
  • Next >