ロープ・ウォーターレスキュー講習と資機材販売のショップです。

水難救助用フローテーションロープ(1m単位)

280円(内税)

定価 270円(内税)

購入数
水難救助用ロープ
バランスの取れた水難救助用ロープです。
軽い、投げやすい、握りが良い。

ロープ径: 9.5mm
長さ: 18m
素材: ポリプロピレン
強度: 855kg
ロープの種類: ダイナミックロープ
特徴: フローテーション(浮く)ロープ

水難救助用ロープ
救助現場において多くは投げて要救助者へ接触します。
扱いにおいて投げやすい、握りやすさが求められます。

ロープ経は細いほど軽く遠くに投げることが出来ますが、流れの早い状況ではロープが滑りやすく、素手の可能性の高い要救助者にはストレスになります。また、離してはいけないと言う意識からロープを手に巻きつけてしまう恐れが容易に推測できます。
太いロープは重く的確に目標物に投げる事が出来ません。救助者にとっても肩等への負担は大きくなります。水を含んだロープはさらにこれらのマイナス要素が大きくなります。近年、このロープ程に軽くはありませんが同じロープ経でも握りの良いロープも有ります。肩の強い方にはお勧めですがロープの重みは的中率を下げてしまいます。

ロープの長さは投げれる距離+αが適した長さと思います。スローバックは訓練された方でも15m先の対象物に的確に投げるのは容易ではありません。チーム装備として20m〜30mのフローテーションロープの準備があれば良いと思いますが、個人装備として準備するには16m〜20mが適正と考えます。ロープ長が長い程にバックへの収納に時間が掛かり次の動作に遅れが出ることも考えておく必要があります。

ロープ強度は陸上で行うロープ救助とは違い水面上を引き寄せる為に大きな強度を必要としません。また、ロープ救助に使用するナイロン・ポリエステルの素材が混在するロープは浮力が小さくなります。水の比重より軽く強度を求めるならダイニーマ、スペクトラ素材。強度は非常に高いのですが融点が低い、市場価格が高いのが欠点です。

この商品を買った人はこの商品も買っています

おすすめ商品